• hb

CBDロボットソリューション

アプリケーション:BUDDY、COLIN、COLA

BUDDY2
COLA

ロボットの問題点:

1.高い人件費

2.作業の抜け穴

主な競争上の利点:

1.内部ドライブの変換とアップグレード

2.人工知能技術の第3の波

3.運用管理のサービスレベルの向上が焦点になります

4.スタッフを減らして効率を高め、一人当たりの作業効率を向上させる

ソリューション紹介:モバイルインターネット、モノのインターネット、人工知能、インテリジェント製造などの急速な発展に伴い、デジタルハイテクは私たちの生活に浸透し、人類をデジタル化とインテリジェント製造の時代に押し進めています。産業革命の発展過程と人件費の継続的な上昇により、さまざまな自動機械、動力機械、電力システムが登場し、人的労働は徐々に半自動化と自動化に取って代わられています。BUDDYはCBDTianjingと協力して、コミュニティの知識と文化の宣伝活動を行うことができます。ロボットの受付、ロボットの指導、ロボットの説明、ロボットとコミュニティパーティーのメンバー、マスインタラクティブエンターテインメントなどの活動が含まれます。近年、ロボットに対する市場の需要は高まり続けています。政府、関連する研究機関、および企業はすべて、ロボット工学の開発を非常に重要視しており、多くのリソースを投資してきました。ロボット工学の発展は良い傾向を示しています。ロボット工学における高精度の問題は、世界中の多くの優れたロボット工学R&Dチームに革新をもたらし、前進するように促しました。将来的には、ロボットは日常生活に欠かせないツールとなり、人々がより快適で便利な生活を送れるようになります。スマートエレメントの埋め込みにより、CBDの温度が上昇し、消費量が少なく、効率が高くなることがわかります。 、そして継続的にCBDに力を与え、これは将来のCBD開発の主要な方向性の1つになるでしょう。ブリリアントテクノロジーは、CBDの最も誠実なパートナーとして、製品テクノロジーの研究開発とソリューションの反復を徹底的に進め、インテリジェンスをさらに促進して、より多くのCBDに利益をもたらします。


投稿時間:2021年11月18日